戦術関連記事

3/4ページ

アタカール・エル・バロンとは?~ジョルジーニョが無数のパスコースを生み出せる理由~

以前、【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析の記事でも触れたように、18-19シーズン、サッリ・チェルシーはまだまだ発展途上ながら順調なスタートを切った。サッリ・サッカーの中心にいるのは、サッリと同じく今夏ナポリから加入したアンカーのジョルジーニョだ。 ジョルジーニョは味方との距離間を維持するのが抜群に上手い。決定的なパスを出す前段階、ビルドアップからチームとしてのボール循環を […]

”偽10番” セントラルウインガーとも称されるその役割とは?

こんにちは。今回はセントラルウインガーとも称される”偽10番”についての紹介です。 偽10番(False 10)は2010年南アフリカW杯くらいに、流行りそうで結局大して流行らなかったワードです。それを何故今更…?と思う方もいるでしょう。理由は単純。私が、偽10番の役割が好きだからです。 偽10番とは 偽10番の基本ポジションは従来通り4-2-3-1や4-3-1-2のトップ下の位置です。 ちなみに […]

アーセナルで異彩を放つマテオ・ゲンドゥージの魅力と数的優位作成講座

チェルシーの開幕前の戦術浸透度を取り上げた記事【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析でサンプルのひとつとして取り上げたPSMチェルシーvsアーセナル。この試合で一際異彩を放った期待の若手・ゲンドゥージと、彼を軸にしたアーセナルの攻撃があまりに印象的だったので、期待を込めて取り上げます。 マテオ・ゲンドゥージ   ゲンドゥージは1999年生まれのフランス人。U20フラン […]

【戦術用語】「オーバーロード」とは?~サッリ、ナーゲルスマンが落とし込んだ戦術~

14-15シーズン:ブンデスリーガ3位と躍進したファブレのボルシアMG 15-16シーズン:クロップ退任による不安を見事払拭したトゥヘルのドルトムント 16-17シーズン:ITをも活用しCLプレーオフ出場権を獲得したナーゲルスマンのホッフェンハイム 17-18シーズン:王者ユベントスに食らいつき最後までスクデット争いを演じたサッリのナポリ 結果及び戦術的に話題となったこれらのチーム。記憶に新しいこ […]

バンジャマン・メンディに見る”偽サイドバック”の戦術的有用性

ペップ・グアルディオラがバイエルン・ミュンヘンで成功させ、代名詞のひとつともなった「偽サイドバック」。海外では”Falso Lateral”(ファルソ・ラテラル)、”Inverted Full-Back”等と呼ばれるこの役割。大雑把にいえばビルドアップ時にサイドではなく、CBの前方に絞り込んだ位置にポジションをとる役割を指す。名前が広く知られるようになったとはいえ、偽SBが採用されているチームは数 […]

【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析

17-18シーズン、セリエAで旋風を巻き起こしたナポリ。長いサッカーの歴史の中で見ても、最も美しいチームのひとつであったと言えるだろう。そんな美しいナポリを築き上げたマウリツィオ・サッリが就任したチェルシーは、18-19シーズン最も注目すべきチームだ。このチームが成功した場合は「どう機能するのか、成功要因は何だったのか」、失敗に終わった場合は「ナポリと何が違ったのか(差異=成功の重要ファクター)」 […]

世界一の強度を誇るアトレティコ・マドリードの4-4-2守備戦術の分析

4-4-2の守備ブロックを形成するチームが多数を占めたロシアW杯。限られた時間の中で確実に形にしたチームが多かったが、やはり細部まで詰めるには限界がある。 今現在、世界で最も強度の高い4-4-2守備ブロックを有しているチームはアトレティコ・マドリードだろう。それは5大リーグにおけるリーグ戦最少失点という数字にも表れている。今回は17-18シーズンEL決勝をベースに、アトレティコの守備戦術について分 […]

サッカーに活かせるフットサル戦術~カーテン~

こんにちは。サッカーに活かせるフットサル戦術第4弾はカーテンという動きです。 カーテンとは? カーテンはマッチアップしているボールホルダーと敵DFの間を横切る動きです。 カーテンのメリット ①自分が元居たスペースを使わせる ②敵DFがボールホルダーへアプローチするのを妨害 ③受渡しのミスの誘発 ④瞬間的に数的優位を作る事でフリーになりやすい カーテン実践例 実践例を見てみましょう。サンプルはホッフ […]

ナポリが駆使するユニット戦術 ”3オンライン”と”サイ” とは?

こんにちは。今回はナポリが駆使するユニット戦術 “3オンライン” の紹介です。 ちなみにこの”3 (players) on line”という呼び方は私がテキトーに考えた呼び方ですのであしからず。 3オンラインとは? “3オンライン”は、私がナポリの試合をひたすら観続けて気づいた、高頻度で出現する攻撃陣形です。特に出現頻度が高いのはナポリのストロングポイントである左サイドでボールを保持している時。上 […]

HSVが最期に魅せた”4-4-2崩し”と伊藤達哉の現在地

フォルクス・パルク・シュタディオンの時計が時を刻むのを止めた―。 涙を流す者、発煙筒を投げ込む者、選手を守るためピッチに陣を敷く数百人もの警備員…。試合終了のホイッスルが鳴り響く前から、ハンブルガーSVのホームスタジアムは異様な雰囲気に包まれていた。 降格の決まったHSVが最期に戦った相手は私の応援するボルシアMG。ボルシアMGにはわずかにELの可能性が残っていたが、この試合だけを見た人はどちらが […]

1 3 4