【2018ロシアワールドカップ】ちょっとマニアックな注目選手を紹介―CH編その2―

【2018ロシアワールドカップ】ちょっとマニアックな注目選手を紹介―CH編その2―

ロシアW杯に向けた注目選手紹介、今回はCH編②です。

※「ちょっとマニアック」と銘打っていますが、各国欧州リーグを見ている人なら知っている選手も多いかと思います。それでも当該リーグを見ていないと分からない実力者、そして有名だけれど個人的に好きな選手を紹介していきます。


センターハーフ[CH]

マルセロ・ブロゾビッチ

国   :クロアチア
クラブ :インテル
年齢  :25
身長  :181
契約  :2021/6/30

ライン間でのプレー:
キック精度    :
運動量      :

ボールを受けるポジショニングが良く、そこから敵をいなす体捌きと精度の高いキックで決定機を演出する。SHとCHの両方をこなし、守備時の運動量も豊富。

フレッジ

国   :ブラジル
クラブ :シャフタール・ドネツク 
     → マンチェスターユナイテッド
年齢  :25
身長  :169
契約  :2023/6/30

奪取力      :
キープ力     :
守備時の位置取り :

独特の間合いとリズムが特徴的で、これらを活かしたボール奪取とボールキープが持ち味。守備時は周囲と連動した的確なポジショニングでボールを狩り獲る。

デニス・ザカリア

国   :スイス
クラブ :ボルシアMG
年齢  :21
身長  :191
契約  :2022/6/30

ボール奪取   :
推進力     :
カウンター対応 :

今大会に限らず注目していくべき若手。恵まれた体躯と独特のリズムをベースとしたボール奪取と推進力は圧巻。カウンターを一人で潰し切る走力も兼ね備える。時折集中を欠いたようなプレーが見られるのが玉に瑕。

ピオトル・ジエリンスキ

国   :ポーランド
クラブ :ナポリ
年齢  :24
身長  :180
契約  :2021/6/30

ドリブル  :
ランニング :
判断力   :

推進力あるドリブラー。溜めを作るというよりは抜きにかかるタイプで、攻撃にアクセントを加える。スペースを見つければきちんとランニングもこなすが、不要な場面で無理にドリブルを選択することも。

おわりに

ということで注目選手CH編②でした。
どの選手もビッグクラブ行きの噂が囁かれている選手ですね。W杯での活躍が認められ、更なるステップアップなるか…!?
ちなみに「契約」はそういう意味で入れています。今更ですが。