【2018ロシアワールドカップ】ちょっとマニアックな注目選手を紹介―FW編―

【2018ロシアワールドカップ】ちょっとマニアックな注目選手を紹介―FW編―

ロシアW杯に向けた注目選手紹介、今回はFW編です。

※「ちょっとマニアック」と銘打っていますが、各国欧州リーグを見ている人なら知っている選手も多いかと思います。それでも当該リーグを見ていないと分からない実力者、そして有名だけれど個人的に好きな選手を紹介していきます。


フォワード[FW]

ユスフ・ポウルセン

国   :デンマーク
クラブ :RBライプツィヒ
年齢  :23
身長  :193
契約  :2021/6/30

ポストプレー    :
プレッシング    :
サイドに流れる動き :

長身を活かしたポストプレーが魅力。通常頭で落とすボールを胸で抑える。プレッシングやサイドに流れる動きも得意とする、長身ポストプレイヤーには少ない非常に動的な選手。

ドリース・メルテンス

国   :ベルギー
クラブ :ナポリ
年齢  :31
身長  :169
契約  :2020/6/30

アジリティ  :
連携     :
プレッシング :

周囲の味方と細かい連携で崩すタイプ。偽9番としての動きからアジリティを活かしたドリブル、狭いスペースでのプレーを得意としている。

アンドレイ・クラマリッチ

国   :クロアチア
クラブ :ホッフェンハイム
年齢  :26
身長  :177
契約  :2020/6/30

運動量    :
オフザボール :
連動性    :

運動量豊富でプレーエリアが広い。ボールを持てば決定的な仕事をこなすが、周囲の選手との連動や献身的な守備も含め、ボールを持っていない時の動きも特筆すべきものだ。

アントワーヌ・グリーズマン

国   :フランス
クラブ :アトレティコ・マドリード
年齢  :27
身長  :175
契約  :2022/6/30

プレッシング :
シュート精度 :
アジリティ  :

ライン間でのボールコントロールの質、シュート精度が非常に高く、異次元のレベル。

カバーシャドウを駆使したプレッシングもトップクラス。攻撃だけでなく守備の面にも特徴を持つ世界最高峰の選手の一人。

おわりに

ということで注目選手FW編でした。

プレーエリアが広く、プレーの選択肢も豊富な選手を中心に選定しました。
是非ご注目ください!

ほかのポジションの選手紹介はコチラ!