おすすめ映画『キーパー ある兵士の奇跡』

雑記

どうも。とんとんです!
今回はサッカーに関するおすすめ映画を紹介します。

2020年10月23日(金)公開 
『キーパー ある兵士の奇跡』

映画『キーパー ある兵士の奇跡』公式サイト
バイエルン映画祭2019 最優秀作品賞。その手が、戦いを愛に変えた。第二次世界大戦後、ナチス兵が平和の架け橋に。私たちが人生で出会う最高の実話。監督:マルクス・H・ローゼンミュラー。10月23日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

普段それほど映画を観ることは多くないのですが、マスコミ向けの先行試写のご案内をいただいたので拝見させていただきました。

スポンサーリンク

予告

「キーパー ある兵士の奇跡」60秒予告

あらすじ

1945年、ナチスの兵士だったトラウトマン(デヴィッド・クロス)は戦地で捕虜となり、イギリスの収容所でサッカーをしていた時、地元チームの監督の目に留まり、ゴールキーパーとしてスカウトされる。やがてトラウトマンは、監督の娘マーガレット(フレイア・メーバー)と結婚し、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」の入団テストに合格する。だが、ユダヤ人が多く住む街で、トラウトマン夫妻は想像を絶する誹謗中傷を浴びる。それでも、トラウトマンはゴールを守り抜き、マーガレットは夫を信じ続けた。やがて彼の活躍によって、世界で最も歴史ある大会でチームは優勝、トラウトマンは国民的英雄となる。だが、トラウトマンは誰にも打ち明けられない〈秘密の過去〉を抱えていた。そしてその秘密が、思わぬ運命を引き寄せてしまう──。

公式ホームページより

戦争という命の奪い合いにおいて憎しみ・偏見が生まれるのは必至。存在するだけで不愉快だと見なされていたドイツ人・トラウトマン自身、戦時中の出来事に対しその生涯を終えるまで自責の念を抱いていました。

そんな憎しみと偏見にまみれた過酷な状況下でも自身の所属するイギリスのチームのためにと真摯にサッカーに打ち込み、彼自身の実力で周囲の信頼を勝ち取っていくという実話をもとにしたストーリーです。

時にクスリと笑える要素もある、非常に観やすい映画でした。ポロシャツのようなユニフォーム、田んぼのようなドロドロのピッチ、こじんまりとして趣のあるスタジアムに古き良き当時のリアルさを感じました。近代世界史に明るい人はより楽しめるのではないかと思います。この時期の歴史的背景、この時期のサッカー事情について強く興味を引かれるような映画でした。

深いことは何も考えずに降格回避のために「上手いから」という理由だけでトラウトマンをチームに引っ張ってきたジャック・フライアー監督との掛け合いが個人的にはとても好きでした(笑)

ちなみに、映画を見終わった後にwikipediaでトラウトマンの私生活の記載を読んでみると衝撃が走りますよ(映画見終わった後にしてね)笑。

先日はフットボリスタさんに戦術分析記事を寄稿しましたが、マンチェスター・シティとは色々と縁があるなぁ・・。

そんなシティのレジェンドGKの物語、ぜひ劇場でご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました