【偽ウイングバック】トゥヘル・チェルシー戦術分析記事を寄稿しました!

戦術分析

誕生日おめでとうございます、ルカ・ヨヴィッチ選手。

フットボリスタ様にトゥヘル・チェルシーの戦術分析記事を寄稿しました。

昨季からの課題に対する解決策について、「偽ウイングバック」をメインにまとめさせていただいています。

CFもSBも偽だらけだな・・・とも思いますが、それでもまだ「偽」がついていない偽の動きが出てくるのがサッカーの面白いところだなと私は思っています。

この偽WBの概要や効果はぜひ記事を読んでいただきたいので、ここでは図だけ掲載させていただきます。

個人的に驚いているのはリース・ジェームズの成長です。

良い意味で変貌を遂げていて驚きました。当然得点に関わる頻度もそうですが、それ以上にタッチラインを背にした繋ぎの部分です。

足裏を駆使したボールの置き方、身体の向き、CHとの関係性。これだけ繋げる選手がジョルジーニョの他に、しかもサイドに存在するというのはチームにとって非常に大きな価値があると思います。

守備に関してはシステム的な短所を消そうという試みが見られ、どういった形に進化していくのか。注目せずにはいられません。

そんなトゥヘル・チェルシーの戦術分析記事、ぜひご一読ください!!

「偽ウイングバック」という解決策。トゥヘル・チェルシーの進化に迫る | footballista | フットボリスタ
昨シーズン途中就任したトーマス・トゥヘル監督の下でCL制覇を遂げたチェルシー。トゥヘル体制2季目となる今シーズン、リーグ戦では首位争いを演じ、国内外のカップ戦でも勝ち残っているチームを指揮官はいかに進化させようとしているのか。その変化を分析する。 マンチェスター・シティ、リバプール、そしてチェルシー。2021-22のプ...

↓戦術本を出版しました↓

戦術分析
SNSで記事をシェアする
とんとんをフォローする
サッカー戦術分析ブログ〜鳥の眼〜
タイトルとURLをコピーしました