【陣形と配球策】スパレッティ・ナポリの4-3-3・4-2-3-1戦術分析

戦術分析

誕生日おめでとうございます、ルカ・ヨヴィッチ選手。

今回はスパレッティ・ナポリの4-2-3-1/4-3-3戦術を分析しました。

スパレッティ・ナポリのCH、ファビアン・ルイスとザンボは共に前進してプレーすることができ、逆にトップ下のジエリンスキやエルマスは降りてプレーすることができるので、攻撃時に中盤の配置を逆三角形や三角形、どの頂点に立つかを変化させることが可能となっています。

これは守備時にも役立っており、敵のシステムに応じて変化可能です。ゆえに4-2-3-1/4-3-3とさせていただいています。

ポゼッション率がセリエAでトップのナポリは、ショートパスの回し方も非常に特徴的です。

また個人にフォーカスすると、オシムヘンというとんでもないストライカーの存在が大きく、「戦術・オシムヘン」として前進方法のひとつとした活かし方が確立されています。

守備においてはなんといってもクリバリを中心としたDFラインの一糸乱れぬカウンター対応が光ります。中盤のラインが抜かれても全く慌てることなく後退戦を繰り広げ、決まったラインまでに攻撃に制限をかけ、迎撃に出る。

監督が代わってすぐにもかかわらずここまでのサッカーを展開するとは、スパレッティ恐るべしです・・・。

ただ、残念なことに負傷離脱の選手が多く、開幕8連勝とスタートダッシュを決めた際の機能性は今のところ見ることができず、前半戦ですが早速正念場を迎えている状況です。今回は負傷離脱の無いベストなナポリを分析しています。

ということで、そんなスパレッティ・ナポリの戦術分析、ぜひご一読ください!!

・前編

【陣形と配球策】スパレッティ・ナポリの4-3-3/4-2-3-1戦術分析〜前編〜|FL-UX_Realtime Analytics by. RUN.EDGE Limited.
こんにちは! お待たせいたしました!先日掲載させていただいたローマの戦術分析が大好評いただいているとんとんさんから、続編ナポリの分析記事をご寄稿いただきました! 前編、後編に分かれております。まずは前編からお楽しみください! ============================== 開幕8連勝と最高のスター...

・後編

【陣形と配球策】スパレッティ・ナポリの4-3-3/4-2-3-1戦術分析〜後編〜|FL-UX_Realtime Analytics by. RUN.EDGE Limited.
こんばんは! 今回も、前編に引き続き、とんとんさんによるナポリの戦術分析をお送りします。 前編をまだ読んでいないよという方は、ぜひこちらからチェックしてみてください。 =========================== ■前進の戦術(左サイド) 左サイドは、右サイドでの攻撃とは若干違った攻撃が行われる。それは...

リンク先のRUN.EDGEさんのnoteでは、今後も定期的に記事を寄稿していく予定となっております。
ご興味ある方はnoteのフォローをよろしくお願いします。

また、記事を読んだら「スキ」を押してもらえるとうれしいです!

↓戦術本を出版しました↓

戦術分析
SNSで記事をシェアする
とんとんをフォローする
サッカー戦術分析ブログ〜鳥の眼〜
タイトルとURLをコピーしました