サッカーに活かせるフットサル戦術~パラレラ~

サッカーに活かせるフットサル戦術~パラレラ~

こんにちは。サッカーに活かせるフットサル戦術、第1弾は「パラレラ」という動きです。


パラレラとは

パラレラとはタッチラインと平行にボールを受ける動きのことです。サッカーをしていれば無意識的にこの動きを実践したことのある人も多いかと思います。
では実際にどの様な形で取り入れられているかを見てみましょう。

バレンシアのパラレラ活用例

サッカーにおいてパラレラを攻撃パターンに取り入れているチームとして、私が真っ先に思い浮かべるのはリーガ・エスパニョーラのバレンシアです。

バレンシアの監督マルセリーノは4-4-2を基本システムとして扱う監督です。そんな彼はSHのカットインとFWのパラレラを同時並行的に行う攻撃を仕込むのが巧みで、以前率いたビジャレアルでも同様の攻撃パターンを用いて戦っていました。

これはカットインによりCBの視線をSHに向けさせると同時に本来のポジションから引きずり出すことで、パラレラでの侵入を容易にしています。
左CBがFWのパラレラについていけばSHのカットインコース・シュートコースが確保できる。
左CBがついてこなければそのままFWを使うことで得点機を迎えることができる。
この2択を敵のDFにつきつけることができます。

ナポリのパラレラ活用例

上記はナポリで見られたシーンです。1つ目はバレンシアと同じパターンの攻撃です。
ナポリでは2つ目、組立ての段階で頻繁に用います。アンカーのジョルジーニョがSBのルイに叩くと同時にパラレラ。パラレラに敵がついてくることによりできたスペースをハムシクに使わせる。パラレラはシュート直前だけでなく、こういった組立て段階でのスペースメイクでも用いることが可能です。

おわりに

ということで、フィニッシュ直前の「侵入」、組立て段階等に用いる「スペースメイク」において2択を迫ることで効果を発揮するパラレラについての紹介でした。この動きが見られるチームは非常に流動的なパスワークで魅せるチームが多い印象です。マルセリーノ、良い監督ですね。私の好きな監督の一人です。