アタカール・エル・バロンとは?~ジョルジーニョが無数のパスコースを生み出せる理由~

アタカール・エル・バロンとは?~ジョルジーニョが無数のパスコースを生み出せる理由~

以前、【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析の記事でも触れたように、18-19シーズン、サッリ・チェルシーはまだまだ発展途上ながら順調なスタートを切った。サッリ・サッカーの中心にいるのは、サッリと同じく今夏ナポリから加入したアンカーのジョルジーニョだ。

ジョルジーニョは味方との距離間を維持するのが抜群に上手い。決定的なパスを出す前段階、ビルドアップからチームとしてのボール循環を考えた適切なポジショニングを維持している。こまめにボールを引出しシンプルに捌くことで敵チームのプレスをいなし、味方に時間とスペースを与える彼のプレーは、サッリのサッカーには欠かせない重要なピースとなっている。そんな彼が得意としているプレーにアタカール・エル・バロン( atacar el balon )という動きがある。

今回はアンカーには特に習得していてほしい、アタカール・エル・バロン( atacar el balon )の重要性について。


アタカール・エル・バロン( atacar el balon )とは?

この動きはボールを迎えに行くことで縦パスの出発地点をずらすプレーである。3人目Cを介することにより、Bへのパスコースを遮断しようとする敵の守備を無効化している。この時のCの「3人目としてボールに寄る動き」が、アタカール・エル・バロンだ。フットサルでよく使われる言葉である。

レイオフ同様、敵のカバーシャドウを無効化するこの動きを取り入れることができれば、パスの選択肢が圧倒的に広がる。

アンカーがこの動きを身につける利点は以下の3点。
①3人目としてCB間をリンクさせればプレス回避に繋がるだけでなく、わざわざDFラインに降りなくて良いため、中盤に厚みをもたらすことができる。
②浮いた位置となりやすいため、前を向けるうえ、前方のスペースを使いやすい。
③2択を迫ることで優位をとる。

ジョルジーニョがプレスを回避し、味方に時間とスペースを与え、チームとしてのボールの循環をコントロールできているのはこの動きを頻繁に取り入れているからである。

実践例

実践例を見てみる。

どちらもボールに寄ることで新たなパスコースを作り出しているのが分かる。ボールホルダーの代理で楔を打つようなイメージだ。ボールホルダーは、ジョルジーニョがダイレクトで楔を打てるよう弱めのパスを出している。この点からも、複数人で意識的に行っているプレーであると言える。

IHがSBと連携して楔を打ち前進する手法もよく見られる。
サンプルはナポリのハムシクとアーセナルのスミス・ロウだ。

IHの場合は楔を入れたあと、そのまま次のスペースを狙ったランニングへの移行をスムーズに行う事ができればより効果的だ。

最後にジョルジーニョのアタカール・エル・バロンを餌にしたボール循環を見せるナポリとチェルシーの攻撃を見てみる。

アタカール・エル・バロンは、メンディの偽サイドバックや、3オンラインと同様、敵に2択を突き付ける攻撃である。

ジョルジーニョのアタカール・エル・バロンに対して敵が
①ついてくる→反対のハーフスペース(CB)が空くため、そこから前進可能
②ついてこない→ダイレクトで楔を打ち込む
という2択を迫ることができる。

数的優位の考え方としては、先日挙げたマテオ・ゲンドゥージの考え方と近いものがある。近距離でボールを扱うため、周囲の選手が近い距離、狭いスペースでも安心してボールを当ててくれないとアンカーとしては厳しい。

おわりに

アンカーの選手がこの動きを身につけていれば、パスの選択肢が圧倒的に広がるためチーム全体のボール循環が非常にスムーズになる。ジョルジーニョはこういったボール循環を促すポジショニングが巧みだ。まさにアンカー、そしてアタカール・エル・バロンの手本となる選手である。

ただ、周囲の選手がアンカーの意図・作り出したスペースを把握していなければ意味がない。チームとしての相互理解・完成度が高まるほど、この動きの効果も大きくなる。