フロリアン・ヴィルツのプレー分析記事寄稿のお知らせ

フットボリスタ寄稿

誕生日おめでとうございます、アンドレ・シルバさん。
今回は好調を維持するレヴァークーゼンのトップ下、18歳フロリアン・ヴィルツのプレー分析記事を寄稿いたしました!

ベリンガム、アンス・ファティ、カマヴィンガ、ムシアラ、レイナといった選手に並び、世界の10代の中で最も傑出した選手の一人であることに疑う余地のないヴィルツですが、プレースタイルとしては現在10代最高の選手としての呼び声も高いバルセロナのペドリに近しいと思います。

プレースタイルの似た同じ18歳として、そしてスペインとドイツの未来を担う存在として今後比較されていくのかなと思ったり。

彼等は既に10代という括りを飛び越え、世界のトッププレイヤーとして数えられる選手達なので非常に楽しみですね。

ヴィルツのライン間の「広げ方」と「入り方」は必見であり、レヴァークーゼンの攻撃の特徴に絡めてその部分にフォーカスして解説しています。

ということでぜひご一読ください!!

フロリアン・ビルツ。動きでスペースを司る世界最高峰の18歳 | footballista | フットボリスタ
10月中旬、バイエルンとの首位決戦にこそ敗れたものの今季序盤のブンデスリーガをリードしてきたレバークーゼン。その攻撃の中心にいるのがフロリアン・ビルツであることを疑う人はいないだろう。17歳と15日でブンデスリーガデビューを果たしてクラブ史上最年少記録を更新すると、成長を続け18歳にして強豪になくてはならない存在となっ...

↓戦術本を出版しました↓

フットボリスタ寄稿
SNSで記事をシェアする
とんとんをフォローする
サッカー戦術分析ブログ〜鳥の眼〜
タイトルとURLをコピーしました