【SBの役割と重要性】セオアネ・レヴァークーゼン4-2-3-1戦術分析

戦術分析

誕生日おめでとうございます、ナディーム・アミリさん、ダヨ・ウパメカノさん。

今回はブンデスリーガにて好調を維持するレヴァークーゼンの攻撃戦術にフォーカスしました。

ヤングボーイズからやってきたセオアネ監督はスイス国内リーグ3連覇も成し遂げた42歳。4-2-3-1をベースとした攻撃は的確なポジションチェンジと連動性に満ち、破壊力満点です。

加えてゴールゲッターのシック、巧みなボールコントロールが売りの18歳ヴィルツ、リーグ屈指のゲームメイカーであるデミルバイ、圧倒的なスピードを誇るディアビと、個人で打開することのできる能力を持つプレイヤーも揃っています。

彼等の連動性は「ライン間の意識」が浸透しているからこそ生まれるものです。それが最もよく現れているのがSBへの厚いサポートとなっています。SBを起点にボールを配給することで生まれる、流れるようなパスワークは必見であり、レヴァークーゼンにおけるSBの役割と重要性は他のチームとは一線を画しています。

ということでレヴァークーゼンの戦術分析記事、ぜひご一読ください!!

リンク先のRUN.EDGEさんのnoteでは、今後も定期的に記事を寄稿していく予定となっております。ご興味ある方はnoteのフォローをよろしくお願いします。

また、記事を読んだら「スキ」を押してもらえるとうれしいです!

↓記事はこちら↓

note(ノート)

↓戦術本を出版しました↓

戦術分析
SNSで記事をシェアする
とんとんをフォローする
サッカー戦術分析ブログ〜鳥の眼〜
タイトルとURLをコピーしました