戦術分析

2/3ページ

【ホッフェンハイム】ナーゲルスマンが魅せる5-3-2攻撃戦術の分析

19-20シーズンからRBライプツィヒで指揮を執ることが決定しているユリアン・ナーゲルスマン。最年少という「年齢」で大きな注目を集めた彼も、わずか数年でその「戦術」にフォーカスされる名将へと成長した。ホッフェンハイムの残留、そしてCL出場と、クラブにもたらしたものは計り知れない。 今回はそんなドイツが生んだ名将・ナーゲルスマンの攻撃戦術にフォーカスし、CLグループリーグ第3節リヨン戦をベースに取り […]

攻撃の要所”チャンネル”を封鎖するマルセリーノの守備戦術

マルセリーノ・ガルシア・トラル。私の好きな監督の1人です。 以前、彼の攻撃戦術の特徴であるカットイン+パラレラの複合技に関する記事を書きましたが、今回は彼の落とし込む守備戦術、特に「チャンネルの封鎖方法」に注目してみます。 マルセリーノは低めの位置に4-4-2の3ラインを敷いて守ります。この際2トップはカバーシャドウをかけての限定をあまり行わないため、攻撃方向の制限はかかりません。故に、横に揺さぶ […]

【Impregnable】クロップ・リバプールの4-3-3守備戦術の分析

プレミアリーグで好調を維持するリバプール。その要因となっているのが鉄壁の4-3-3守備システムだ。ユルゲン・クロップが構築したこの守備組織はどうしてここまで堅いのか?対戦チームはなぜ前進できないのか? 極めて緻密に設計された構造を、プレミアリーグ第8節マンチェスター・シティ戦をベースに分析する。また、チェルシーvsリバプール、そして前記事にて分析したホッフェンハイムvsマンチェスター・シティを比較 […]

ウイングを張らせる意味~グアルディオラによるリスクを排した4-3-3戦術~

偽サイドバックをはじめ、様々なアイデアを落とし込みピッチで表現させてみせるペップ・グアルディオラ。彼が率いるマンチェスター・シティが18-19シーズンCLグループリーグ第2節で対戦したのは、新進気鋭の若手指揮官・ナーゲルスマン率いるホッフェンハイムだ。 この試合で両指揮官はなるべくリスクを取らない戦い方をチョイスした。特にシティは、選手個人の高いクオリティを前提としてリスクを排した、無駄のない4- […]

アーセナルで異彩を放つマテオ・ゲンドゥージの魅力と数的優位作成講座

チェルシーの開幕前の戦術浸透度を取り上げた記事【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析でサンプルのひとつとして取り上げたPSMチェルシーvsアーセナル。この試合で一際異彩を放った期待の若手・ゲンドゥージと、彼を軸にしたアーセナルの攻撃があまりに印象的だったので、期待を込めて取り上げます。 マテオ・ゲンドゥージ   ゲンドゥージは1999年生まれのフランス人。U20フラン […]

【サッリ・チェルシー】軌跡の出発点。開幕前の現状課題の分析

17-18シーズン、セリエAで旋風を巻き起こしたナポリ。長いサッカーの歴史の中で見ても、最も美しいチームのひとつであったと言えるだろう。そんな美しいナポリを築き上げたマウリツィオ・サッリが就任したチェルシーは、18-19シーズン最も注目すべきチームだ。このチームが成功した場合は「どう機能するのか、成功要因は何だったのか」、失敗に終わった場合は「ナポリと何が違ったのか(差異=成功の重要ファクター)」 […]

世界一の強度を誇るアトレティコ・マドリードの4-4-2守備戦術の分析

4-4-2の守備ブロックを形成するチームが多数を占めたロシアW杯。限られた時間の中で確実に形にしたチームが多かったが、やはり細部まで詰めるには限界がある。 今現在、世界で最も強度の高い4-4-2守備ブロックを有しているチームはアトレティコ・マドリードだろう。それは5大リーグにおけるリーグ戦最少失点という数字にも表れている。今回は17-18シーズンEL決勝をベースに、アトレティコの守備戦術について分 […]

HSVが最期に魅せた”4-4-2崩し”と伊藤達哉の現在地

フォルクス・パルク・シュタディオンの時計が時を刻むのを止めた―。 涙を流す者、発煙筒を投げ込む者、選手を守るためピッチに陣を敷く数百人もの警備員…。試合終了のホイッスルが鳴り響く前から、ハンブルガーSVのホームスタジアムは異様な雰囲気に包まれていた。 降格の決まったHSVが最期に戦った相手は私の応援するボルシアMG。ボルシアMGにはわずかにELの可能性が残っていたが、この試合だけを見た人はどちらが […]

絶対王者ユベントスを圧倒!今最も”美しい”ナポリの守備戦術を中心に(後編)

前回の記事ではユベントス戦におけるナポリの守備構造について触れた。今回はレビュー編として、そのナポリの守備が試合に及ぼす影響、ユベントスの対策等について書いていく。 ナポリのユニット攻撃 チャンネル攻撃 ナポリのプレッシングに苦しむユベントスは徐々にボールを保持できなくなっていく。保持の試み自体は前半中続いたため、自らの意思で放したというわけではないだろう。 4-4-1-1で守るユベントスに対して […]

絶対王者ユベントスを圧倒!今最も”美しい”ナポリの守備戦術を中心に(前編)

スクデット獲得をかけた天王山。勝ち点差4で迎えたセリエA34節、首位ユベントスvs2位ナポリの一戦はクリバリの劇的なヘディング弾でナポリに軍配が上がった。 ウノゼロ。結果だけ見ると最少得点差であるが、内容を見てみるとナポリが王者ユベントスを圧倒していた。その要因となったのが、今最も美しいと言われるナポリの守備戦術である。 今回はユベントスvsナポリにおける、ナポリの守備に比重をおいて書いていく。 […]