カバーシャドウ?レイオフ? あまり知られていない戦術用語紹介

カバーシャドウ?レイオフ? あまり知られていない戦術用語紹介

こんにちは。
Twitterでブログ開設のお知らせをしたところ想像を超えるレスポンスをいただき、嬉しさのあまり柄にもなくリプに「!」を多用してしまったとんとんです。

さて記念すべき1記事目は私が多用する、そしてよくフォロワーさんに意味を聞かれる戦術用語について詳しく紹介したいと思います。私自身Twitterで初めに意味を紹介してはいるものの、どんどん他のツイートで流されてしまうので、ここできっちり書き留めておきます。


カバーシャドウ

これは簡単に言えば「パスコースに立つ事で敵を無力化する守備」です。


※誤) cruved run → 正) curved run

上図3パターン(【左】・【上】・【右】の3シーン)をご覧ください。
ホルダーAと受け手Bに対して、
【右】のように「2人を同一視野に捉え監視するため」にBの背後からマークにつくという方式ではなく、
【左】のように「Bを背負う形でパスコースに入る」事でBを無力化するのがカバーシャドウです。

パスコースを限定しつつ追い込む、1人で2人をケアするのに有効です。

また、【上】のようにプレッシングの際に直線的にホルダーに向かうのではなく、SBへのパスコースに入ってから(=カバーシャドウ)弧を描くようにプレッシングする事を、多くの海外分析サイトではそのまま”curved run”と表現されています。

カバーシャドウは、ゾーンディフェンスを採用するチームには必須の守備戦術です。
ゾーンディフェンスのお手本といえばナポリ。
今季のナポリは私が今まで見てきた中で最も美しいチームだと思っています。このナポリのチーム構造については今度、隅から隅までガッツリ書くつもりですが、カバーシャドウについて少しだけ見てみましょう。

上述のカバーシャドウおよびcurved runでのパスコースの絞り込みを巧みに活用しているのが分かりますか?
カバーシャドウはパスコースを限定する技術なので、後方の選手は相手の攻撃を予測しやすくなり、積極的に前に飛び出しパスカットを狙うことが可能です。

逆に、相手の背後からマークにつく守備(マンツーマン)も見てみましょう。サンプルは昨季、美しいパスサッカーで躍進し私もすっかり魅了されたアヤックスを、EL決勝で見事に完封し現実を叩きつけて見せたモウリーニョ・ユナイテッドです。

注目は中盤のフェライニ、ポグバ、エレーラ。アヤックスのキーとなる中盤3枚(2IHとアンカー)に背後から密着マーク。自由を与えませんでした。

ナポリとユナイテッドの守備方法を比較すれば一目瞭然ですね。

ナポリのゾーンディフェンスはカバーシャドウを用いる事でパスコースを制限、ジワジワと敵の攻撃の選択肢を摘んでいき、最後は圧縮して刈り取る。守備の段階から自ら主導権を握って戦おうというコンセプトを持っています。

対してユナイテッドの守備は自分たちから積極的に主導権を握り、周囲の味方と連動してパスコースを限定し追い込もうという守備ではありません。敵の動きに対してリアクションをとります。
この書き方だとネガティブに捉えられてしまうかもしれませんが、このあと説明する「レイオフ」の対策として非常に有意義な守備方法です。私はアヤックスのサッカーが好きでしたが、ユナイテッドはアヤックスの嫌がる守備戦術を貫き、優勝するべくして優勝したと納得できる好チームでした。

Advertisement

レイオフ

レイオフは簡単に言うと、楔を受けたポストプレイヤーが用いる「落としのパス」です。
レイオフパスを攻撃に組み込むには3人の選手が必要になります。

1人目:楔のパスを出す選手
2人目:レイオフを行う選手
3人目:レイオフパスを受ける選手

上のシーンは絵に描いたように綺麗なレイオフです。
このレイオフパスを組み込むメリットは、楔の処理が楽になる点です。

レイオフパスを行わない場合、受け手は敵の間を縫う鋭い楔のパスを、正確にトラップし、かつ反転をしないと前を向けませんね。

対してレイオフを組み込む場合、2人目がレイオフ、3人目が前を向いた状態でバックパスを受けるという形になるので、多少強めの楔を打ち込んでもスムーズに前を向いた状態を作り出せます。

「鋭い楔のパスを2人がかりで収めてかつ前を向く」というイメージですね。「狭いスペースでのターン」という高度な技術がまるごと省かれるので、技術的なハードルをぐっと低く抑えることができます。

レイオフを組み込むための条件は、2人目と3人目が適切な距離感でペアを組み、楔を処理するためのポジショニング(ペアリング)をしていることです。
このレイオフを巧みに組み込んでいた昨季のホッフェンハイム、今季のナポリでそれぞれパス循環の心臓役を担ったルディとジョルジーニョは、狭いスペースでもペアリングさえできていれば躊躇なく鋭い楔を打ち込んでいました。

この「レイオフ」、どんな守備を構築するチームに対して効果的かというと、実はカバーシャドウを用いるチームに対して有効な戦術です。

パスコース上に立つカバーシャドウはパスを通させないための守備なので、鋭いパスで無理やり自身の張る網を通過されると一気に苦しくなります。つまりは「鋭い楔を処理するためのテクニック」であるレイオフを用いることで守備陣を置き去りにできます。

先ほど紹介したユナイテッドのような守備の場合、背後から守備を行うためどうしても2人目と3人目のペアリングが難しくなります(2人目と3人目の間に必ずポグバ、エレーラが挟み込まれる仕様)。

ユナイテッドの守備はIHを警戒した極端な対策型なのであくまで例外で、大体のチームに対しては有効な攻撃戦術になるでしょう。

チャンネル

チャンネルとは、CBとSBの間のスペースを指します。ハーフスペースとは違いますので混同しないよう注意が必要です。なぜならHSはピッチを縦5分割で見た時の両端とセンターの中間のエリア。縦5分割は広がったり狭まったりしないので固定的です(HSに関しては少しずつ解説記事が増えてきたので省略します)。
対してチャンネルはCBとSBの間のスペース。CBが中央に留まりSBが外に開けばチャンネルはどんどん広がります。

“HSは固定的、チャンネルは変動的”と理解してください。チャンネルを狙う攻撃は主流なので覚えておいて損はないでしょう。

ちなみにチャンネルランってワードを聞いた事ありますか?
…はい。私がテキトーに作った造語が、意味を理解されないまま一人歩きしております(笑)
あくまで造語なので使用は自己責任でお願いします(笑)
ほぼ同じ動きであるフットサルの「パラレラ」との使い分けは、狙うスペースがチャンネルなのか否かってところ。当たり前ですけど。チャンネルの意味を把握していないフットサルの方には突っ込まれそう…。

チャンネルを活用した攻撃についてはまた今度書きますので、とりあえず名前だけ。

HalbVerteidiger(HV)(ハルプフェアタイディガー)

ドイツ語のポジション名です。Halb(=half=中間)Verteidiger(DF)は3バックの両脇2人の選手を指します。基本この2人はハーフスペース(Halbraum)に位置します。

ということで、初回はライトな戦術用語から入りました。
これらは非常に重要な戦術用語でありながら、あまり知られていないかも…?と思ったので取り上げてみました。当ブログでは頻出となるかと思いますので是非覚えて帰ってください!

とんとん。